ボストンテリア クレア(CREA)日記☆

ボストンテリア クレア(CREA)の成長日記☆

ブルックスの事

ブルックスとクレアのママです
ご訪問頂きありがとうございます❣️


クレアの日記ですが、今日はブルックスについて


クレアが病院で外耳炎と診断された日の前日、朝んぽでブルックスが突然後ろ足に違和感のある歩き方をしました


家に帰って来ても、うんPをする時のような、腰を落としたような状態で歩く場面があり

こんな状態で歩く(//∇//)


一日様子を見たけど朝だけの現象で、その後はしなかった事もあり
翌日が元々定期検診の日だったため、検診の時に病院の先生に動画を見てもらいました


実はブルックスはもともと膝蓋骨脱臼と診断されていて、定期的にレントゲンで経過を観察してました


膝蓋骨脱臼と分かったのは2歳になる前の検診時
先生に突然何の前触れも無く言われ、しかも手術をおすすめしますとも


飼い主はもうびっくり⁉️


歩き方が変だったり痛みが出てからの診断ではなかったので、手術をするかしないか家族で本当に悩みました


ヘタレなブルックスは最初ランでも隅っこにいる子で、やっとお友達が出来て犬生が楽しくなってきたところ!
両方の足が緩めとの診断なので、両方手術すれば半年以上安静な生活!!


2歳ならまだ犬生は長いから、今のうちならと思ったり
膝のせいなのか、元々の性格なのかブルックスは無茶をしないタイプ
ボストンテリアらしくなく、あまりジャンプや激しすぎる遊びはしない
パピーの頃から自分で休憩を取れる子で、今回クレアを飼って本当にブルックスは大人しかったと改めて実感


そんな性格もあり、グレードの事など先生に何度も相談して今は手術をしない事にしてました


こんな症状が出たのは今回が初めてだったけど、今回のレントゲン結果も今すぐ絶対手術が必要って状態でもないとのこと


これを聞いてホッとする飼い主


突然寒くなり、ちゃんと関節に入れる前に歩き出して痛みが出たのかもねとの診断でした


ブルックスももうすぐ4歳
人間ならまだ4歳だけど、犬だと人間にすると30代突入!これからは今まで以上に気にしてあげないとね


幸い、あれから同じ様な症状は出てなくて、毎日元気にクレアと遊んでくれてます(^○^)



↓クレアなら手術してるなきっと

ブルックスだからこその判断だと今も改めて思う

このまま手術をしなくていけますように(祈)
こちらもぽちっとお願いします(^人^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。